Topics 新着情報

トップページTopics 新着情報


〜夏休みのお知らせ〜

2018/07/06更新 [スケジュール]

8月17日(金)〜23日(木)まで、お休みを頂きます。
※休み期間中は、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
またご返信は、期間終了の翌日以降になる場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

柳川立行和太鼓教室

2018/05/15更新 [スケジュール]

和太鼓初めて!という方も歓迎です。
郷土芸能太鼓、創作太鼓を打ってみませんか?
まずは体験から。
初回割引あり、見学はいつでもどうぞ。

★スケジュール
・19:00〜 開場
・19:30〜21:00 太鼓教室
(バチは初めの1ヶ月のみ貸し出します)

☆受講料
・2500円/1回(初回体験1,000円)
・スタンプカード 10,000円/5回(3ヶ月間有効)

★12月までの稽古日(火曜日)
8月28日/9月4日・11日/10月2日・9日
11月13日・27日/12月4日・11日

お問合せ
遊空間がざびぃ事務局
03-3395-0133
yu-ku-kan@gazavie.com


☆以下、ご参加いただいた皆様のアンケートです。

・とても楽しかったです。雰囲気も良くまた通いたいと思いました。

・楽しかったです。筋肉痛になりそうです。ありがとうございました。

・和やかな雰囲気でとても楽しめました。スタジオの居心地も気持ち良かったです。
これからもよろしくお願い致します。

・楽しく練習出来ました。ありがとうございます。

・先生が楽しい人で、一緒に稽古した方も仲良くしてくれたので楽しかったです。
もう少し練習していい音でたたけるようになったら、もっと楽しいだろうなと思いました。

・初めて太鼓にふれてみたのですが、思ったところにうてた時や真ん中にうてたとき
すごくたのしかったです。

・リズムをていねいに教えてくださるのでわかりやすかった。
初めて参加しましたが和気あいあいとした雰囲気の中でリラックスしてできました。
リズムがきちんと打てて、よい音がでるようになったら楽しいだろうなと思いました。

・とても楽しかったです。先生が丁寧に教えてくださったので、リラックスしてたたけました。
少人数でアットホームだったのも気に入りました。

☆ご参加ありがとうございました!



第15回杉並演劇祭 終了しました

2018/04/03更新 [そのほかのお知らせ]


2018年、第15回杉並演劇祭は終了いたしました。
たくさんのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。

審査結果は以下の通りです。

− 第15回杉並演劇祭 −

【杉並演劇祭大賞】

劇団空間演技
作品:「色悪」―悪の限りを尽くし三郎―
作:岡部耕大
演出:岡部大吾
劇場:ワーサルシアター

【 優秀賞 】

Rising Tiptoe
作品:おしゃべり
作・演出・デザイン:宇吹萌
劇場:ワーサルシアター

【 優秀賞 】

お芝居やさん鈴木KE企画
作品:幸せのかたち
脚本:桜さとみ
演出:さとうまこと
劇場:遊空間がざびぃ

【 優秀賞 】

演劇集団「俄」
作品:TRIPLE TROUBLE
脚本・演出:和合大地
劇場:荻窪小劇場

【 優秀賞 】

劇団Яeality
作品:Яe:act
演出:香西姫乃
劇場:アトリエファンファーレ高円寺

【 優秀賞 】

東京スピカ
作品:東京ローズ〜私の言葉に翼が生えて
作:郷原玲
演出:安西信二郎
劇場:明石スタジオ


以下、2018年の当劇場での上演演目です。

・3月1日(木)〜3月4日(日)
「幸せのかたち」/『お芝居やさん 鈴木KE企画』公演

・3月16日(金)〜18日(日)
「クローズド・アイズ」/『演劇集団PRAXIS』公演

・3月22日(木)〜25日(日)
「うみべのクロノス」/『人間機械』公演

※演劇祭大賞他、受賞作品につきましては、下記演劇祭
公式HPよりご確認ください。

今回も、それぞれに活気あふれる素晴らしい公演をして頂きました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


この杉並演劇祭は参加団体の皆様に、大きなメリットを3つご用意しております。

その1.提携劇場では、劇場費が割引になる。
参加頂く団体様へ感謝と期待を込めて、区内の提携劇場もエールを送らせて頂きます。
割引率は其々の劇場で異なります。直接ご確認ください。

その2.必要な公演情報(タイムテーブル等)を掲載したパンフレットが無料で作成され、
1月中より、公共施設など多くの場所で配布される。

その3.最優秀作品に賞が授与される。
最優秀作品はもちろん、優秀作品も受賞の対象になる場合もあります。

賞やその他詳細は、演劇祭実行委員会へお問合せ下さい。


☆ 来年の杉並演劇祭の実行に関しましては、下記ホームページをご注目下さい。

杉並演劇祭公式サイト
http://www.dengeki.co.jp/suginami.html

☆ 東日本あとおしプロジェクト ご報告 ☆

2018/03/06更新 [そのほかのお知らせ]

「東日本あとおしプロジェクト2018『てとてとて』」公演のご報告

2月25日開催の「東日本あとおしプロジェクト2018『てとてとて』」に
お越しくださいました皆さま、ご来場ありがとうございました。

劇場HPをお借りして、公演のご報告をさせていただききます。

昨年に引き続き、今年も有志5団体が集いました。
小さな劇場の1日公演でしたが、約170名のお客さまをお迎えし、
充実した心温まる場になったことと思います。

寄せられたアンケートから、一部を抜粋して掲載させていただきます。

・夫がいわき出身です。皆さんの幸せな毎日を東京からいつも祈っています。
・どうか少しでも沢山の幸せが、皆様に訪れますように。
・福島の方が少しでも早く「やりたいこと」に向かってすすめますよう、応援しています。
・簡単には言えませんが、1日でも早い復興を願っています。
・父の実家が福島県なので、他人事とは思えません。
・大した被害も受けていない地から、何を言っても気休めにしかならないと思いますが、
飯を一杯食べて下さい。

当日はカンパ制のチケット代として、総額194,204円のご寄付をいただきました。
この支援金は、すべて福島県の「東日本大震災ふくしまこども寄附金」にお届けしました。

ご担当の「こども・青少年政策課」からは、以下のコメントをいただいております。

この度は、当事業について情報を発信していただき、
多額のご寄附をお寄せくださり誠にありがとうございました。

当日のアンケートは、温かいお言葉ばかりでとても励まされました。
支援をしているこどもたちへの伝えられたらと思います。

皆様にあとおししていただき、また一歩復興に近づいたと思います。
今後とも、本県へ関心をお寄せいただけると幸いでございます。

2018年も無事に終演いたしました。
ありがとうございました。                

「東日本あとおしプロジェクト2018『てとてとて』」有志一同

〜冬休みのお知らせ〜

2017/12/26更新 [スケジュール]

12月29日(金)〜1月6日(土)まで冬休みを頂きます。
※休み期間中は、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
またご返信は、期間終了の翌日以降になる場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

長期メンテナンスのお知らせ

2017/10/21更新 [スケジュール]

10月22日(日)〜10月29日(日)まで、メンテナンス期間となります。
※期間中は、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
またご返信は、期間終了の翌日以降になる場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

〜夏休みのお知らせ〜

2017/08/03更新 [スケジュール]

8月10日(木)〜8月21日(月)まで、夏休みを頂きます。
※休み期間中は、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
またご返信は、期間終了の翌日以降になる場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

第14回杉並演劇祭、終了しました。

2017/04/06更新 [そのほかのお知らせ]

2017年、第14回杉並演劇祭は終了いたしました。
大勢のご来場、ありがとうございました。

審査結果は以下の通りです。

− 第14回杉並演劇祭 −

【 大賞 】

団体名  劇団水中ランナー
公演日  3 月 29日〜 4月2日
劇場 ワーサルシアター

【 優秀賞 】

1,団体名 劇団YAX直線
公演日 3 月 7日 〜 12日
劇場  阿佐ヶ谷アートスペース・プロット

2,団体名 曼荼羅ジャンキー
公演日 3 月 8日〜 12日
劇場  ワーサルシアター

3,団体名  岳ノ蔵劇場
公演日  3 月 25日〜 26日
劇場 荻窪小劇場

以下、2017年の当劇場での上演演目です。

3月4日(土)〜5日(日)
『 M×LAB.[nurse] 』 / M×LAB. 公演

3月10日(金)〜12日(日)
『 みな兄弟∞ 』 / 劇団オンガクヤマ 公演

3月17日(金)〜20日(月・祝)
『 ITALIA 』 / Creation Club 公演

3月23日(木)〜26日(日)
『 R・プロジェクトの学園天国!』 / R・プロジェクト 公演

3月30日(木)〜4月3日(月)
『 凹⇔凸 』
「WWW」 「あれから。此れから」
teamキーチェーン 公演

今回も、それぞれに活気あふれる素晴らしい公演をして頂きました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


この杉並演劇祭は参加団体の皆様に、大きなメリットを3つご用意しております。

その1.提携劇場では、劇場費が割引になる。
参加頂く団体様へ感謝と期待を込めて、区内の提携劇場もエールを送らせて頂きます。
割引率は其々の劇場で異なります。直接ご確認ください。

その2.必要な公演情報(タイムテーブル等)を掲載したパンフレットが無料で作成され、
1月中より、公共施設など多くの場所で配布される。

その3.最優秀作品に賞が授与される。
最優秀作品はもちろん、優秀作品も受賞の対象になる場合もあります。

賞やその他詳細は、演劇祭実行委員会へお問合せ下さい。

☆ 来年の杉並演劇祭の実行に関しましては、下記ホームページをご注目下さい。

東日本あとおしプロジェクト「Lives‐生きる」公演のご報告

2017/03/06更新 [そのほかのお知らせ]


東日本あとおしプロジェクト「Lives‐生きる」2月26日公演 へお越し下さいましたお客様、


ご来場ありがとうございました。

劇場HPをお借りして、その後のご報告をさせて頂きます。

2017年の今年は、有志5団体が集い、1部(午後)・2部(夜)と開催致しました。
小さな劇場の1日公演でしたが、約130名のお客様をお迎えして、充実した心温まる


ひとときを皆様と共に過ごすことができました。


寄せられたアンケートから一部を抜粋して掲載させて頂きます。

○ 私は震災の時、茨城県にいて、3日ほどライフラインが止まるという体験をしました。
あの時私でさえ不安だったのに、他県で被災された方々はどれほど不安で怖かっただろうと、
想像することしかできませんが、少しでもお役に立てれば幸いです

○ このような支援の場を用意して頂けるのは有り難いです。

○ 「頑張って」としか言えないのでガンバッテ!

○ 高野病院の件はニュースで聞いており何か力になれたらと思っていたので、
僅かばかりではありますが「高野病院を支援する会」の為に使って頂けるととても嬉しいです。

集まった寄付の総額は、合計174,711円 になりました。

3月2日、広野町から送られてきた振込用紙で全額寄付致しました。
寄付申し込み人氏名は「東日本あとおしプロジェクト」としました。

この寄付は広野町のふるさと納税の仕組みを通じての送付になりましたが、

●ふるさと納税の返礼品は辞退しています

● 個人による寄附は「ふるさと納税」の対象となり、金額に応じて所得税と住民税が
軽減(控除)されますが、東日本あとおしプロジェクトにかかわる個人がこの控除を
受けることはありません

また、寄付金は、高野病院への支援が行われた上で、広野町の「健康で安心して
暮らせるまちづくり事業」へ活用されるとのことでした。

2017年も無事終演いたしました。
ありがとうございました。                


                            東日本あとおしプロジェクト有志一同



〜冬休みのお知らせ〜

2016/12/23更新 [スケジュール]

12月29日(火)〜1月4日(月)まで冬休みを頂きます。
※冬休み期間中は、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
またご返信は、期間終了の翌日以降になる場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

〜夏休みのお知らせ〜

2016/08/03更新 [スケジュール]

8月7日(日)〜8月15日(月)まで夏休みを頂きます。
※休み期間中は、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
またご返信は、期間終了の翌日以降になる場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

がざびぃ演劇ワークショップ☆3days Vol.18 終了しました

2016/07/22更新 [ワークショップのお知らせ]

「がざびぃ演劇ワークショップ☆3days Vol.18」は、終了いたしました。

キャラメルの劇団員が実際にやっているゲームや
エチュードを通して、3日間で芝居のワンシーンを作ります。
最終日にはプチ公演も行います。短い期間ではありますが、
一つのものを作り上げる楽しさを一緒に味わいましょう。

講師:石川寛美 プロフィール
演劇集団キャラメルボックス劇団員。
主な出演作品
「サンタクロースが歌ってくれた」「ケンジ先生」
「カレッジオブザウィンド」「嵐になるまで待って」
「広くてすてきな宇宙じゃないか」「賢治島探検記」
「BREATH」「彼は波の音がする」「彼女は雨の音がする」
劇団の俳優講座では講師を務める。声優としては81プロデュース所属。
TBSの音楽情報番組、カウントダウンTVアビー君ナレーション。
NHK Eテレ「いないいないばあ」クックー、モウフウの声他。
絵本演劇ユニット「BOO WHO WOOL」主催。

〜以下、ご参加いただいた皆様のアンケートです〜

・久しぶりに、全身全霊でワクワクドキドキした時間をすごせました。
シニア、初心者でも楽しめました。すてきな機会&思い出をありがとうございました。
                               40代・女性
・素人が芝居を楽しむ場があってうれしいです。
芝居作りのいろんな話が聞けるのも、他の方の過程もたくさんみられるのも楽しくてうれしいです。
                               40代・女性
・普段の生活で味わえない経験ができて、貴重な時間でした。
                               40代・女性
・学生時代の部活動から15年ぶりの演劇は不安もありましたが、とても楽しく、
自分らしさを思い出せたように思います。1人1人みていただけたのもとても良かったです。
プチ発表会は緊張もありましたが、人に見てもらう気持ちを思い出せて良かったです。
                               30代・女性
・当分の間の自分の課題を知ることができました!
それだけじゃなく、メンバーもとても和気あいあいとしていてとても楽しかったです!
                               10代・男性
・今回は台本が難しく、苦戦しましたが、深く役について考えるという点で勉強になりました。
今回は、新しく参加される方、何回も参加する方が絶妙にMIXして充実のワークショップでした。
                               30代・女性
・初めて参加しました。ほとんど身体を動かすチャンスがないのでスッキリしました。
また、緊張しましたが、ミニ公演楽しかったです。
                               30代・男性
・セリフを覚えていても、気持ちを伴わせると途切れてしまいくやしいです。
高低を含めて、コントロールできるようになれるように体を動かしながら、
気もち・セリフを伝えられるように成長したいです。
                               30代・女性
・楽しかったです!参加する度にされるダメ出しが同じで、いい加減殻を破りたい所ですが・・・
石川先生からアドバイスを頂けるので、本当に助かりますし、有難いです。
もっと大胆になりたいです。
今回はニューフェイスも多かったので、いつもとまた違った雰囲気もあり、新しい発見もあり、面白かったです。
                               30代・女性
・参加できてうれしかったです。エクササイズも楽しく、台詞は難しくて苦労しましたが、
声を出すこと、相手の台詞を聞くことが前回よりできて、楽しかったです。
                               40代・女性                          

☆皆様、ご参加ありがとうございました!     

〜杉並演劇祭終了のお知らせ〜

2016/04/25更新 [そのほかのお知らせ]

2016年、第13回杉並演劇祭は終了いたしました。
大勢のご来場、ありがとうございました。

審査結果は以下の通りです。

− 第13回杉並演劇祭 −

【大 賞】

三ツ星キッチン
『HandY-ハンディ』(3/25〜27・阿佐谷アートスペースプロット)

【優秀賞】

ここかしこの風
『其の十二「Alex」』(3/9〜12・シアターシャイン)

同 セミナーズ2013オムニバス公演
『第二の野望』(3/18〜21・遊空間がざびぃ)

同 人形劇団望ノ社
『DEBRIS』(3/11〜13・阿佐谷アートスペースプロット)

以下、2016年の当劇場での上演演目です。

・3月4日(金)〜6日(日)
「かぞくのあじ」/『イマノカゲキ』公演

脚本はBlackRomanceFilmsのクワハラーノ=チュースキー、楽曲はヴォーカリスト
伊藤和美が担当し、オリジナルの脚本・楽曲でお送りするイマノカゲキ始動の第一弾!
舞台はとある家庭の金曜日の夜。
晩酌を楽しみに帰宅した父に、思いもつかない非日常がおそいかかる。
帰宅する家族を次々に巻き込みながら進む、ノンストップコメディーミュージカル!
演奏は人気UKバンド「EarlsCourt」のドラムとギターが担当し、生演奏で舞台を盛り上げる。

・3月9日(水)〜13日(日)
「ある日、僕らは夢の中で出会う/夏芙蓉」/『東京スピカ』公演

東京スピカ第8回公演は、男性4人芝居+女性5人芝居のオムニバス。
男性陣は高橋いさを氏の代表作「ある日、僕らは夢の中で出会う」をパワフルかつ
コミカルに、女性陣は越智優氏の「夏芙蓉」を明朗かつ淑やかに、それぞれ演じあげます。

・3月18日(金)〜21日(月)
「第二の野望」/『セミナーズ2013』オムニバス公演

「高層心中案内」作・演出:小谷 陽子(製作委員会)
「AI(アイ)はヒトになっていつか」作・演出:真柄 茂和(曲がり角ランデブー)
「ハッピー・クレイム・キングダム」作・演出:谷岡 すすむ(SUMUTARE)
「衣装部屋」作・演出:内田 誠(東京ナイフ)

・3月24日(木)〜27日(日)
「さよならに橙色が霞む」/『劇団えのぐ』公演

本公演を交互に担当している2人に脚本・演出家が同じタイトル、
同じシチュエーションで物語をつくったらどうなるのか。
1度の公演で2つの物語が楽しめる劇団えのぐならではの番外公演。

・3月31日(木)〜4月1日(日)
「ゆびさきの半景」/『サカサマナコ』公演

いま と あのとき と これから を紡いでいくお話です。
あんなに遠かったものが、こんなに近いものになってしまった、というお話です。
大きなものを、いつのまにか小さいところにしまいこもうとしてしまったお話です。
それでも指先の感覚を、これからに繋いでいきたい、わたしたちの、お話です。

今回も、それぞれに活気あふれる素晴らしい公演をして頂きました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

この杉並演劇祭は参加団体の皆様に、大きなメリットを3つご用意しております。

その1.提携劇場では、劇場費が割引になる。
参加頂く団体様へ感謝と期待を込めて、区内の提携劇場もエールを送らせて頂きます。
※割引率は其々の劇場で異なりますので、直接ご確認ください。

その2.必要な公演情報(タイムテーブル等)を掲載したパンフレットが無料で作成され、
公共施設など多くの場所で配布される。

その3.最優秀作品に賞が授与される。
最優秀作品はもちろん、優秀作品も受賞の対象になる場合もあります。

賞やその他詳細は、演劇祭実行委員会へお問合せ下さい。

☆ 来年の杉並演劇祭の実行に関しましては、下記ホームページをご注目下さい。
http://www.dengeki.co.jp/suginami03.html

東日本あとおしプロジェクトからのご報告

2016/03/21更新 [そのほかのお知らせ]

 「東日本あとおしプロジェクト」より、劇場HPをお借りしてその後のご報告をさせて頂きます。

3月1日公演「想いのかけ橋」へお越しのお客様、ご来場ありがとうございました。

小さな劇場の平日夜の1公演でしたが、60名を超えるお客様をお迎えすることができました。  

出演者一同、温かい拍手につつまれて、かけがえのない良い時間を皆様と共に創りだすことができたことに、                    心より御礼申し上げます。


お客様からも感想を頂きましたので、一部を紹介させて頂きます。

・東北震災から5年経ちますが、忘れずに支援されていて感動しました。

・このように毎年3月、地震、つなみ、今もなお苦しみの中におられる方々のこと、
想いを再び深くすることができ、この舞台を感謝します。

・時が経つとなぜか忘れてしまう傾向がある。何か起こったのかを忘れないように
語ることが大切だと思う。

・各地の復興がどうなっているのか、様子があまりわからず、状況を知らせて頂けると
いいですね。どんなお役に立てるのか自分も探していきたいです。

・機会があれば、何かお役に立てればと思います。


 寄せられた支援金は 114,198円となり、お知らせしていたNPO法人「佐渡へっついの家」にお届けしました。

そして、「佐渡へっついの家」の福島在住の関様、代表の三村様より下記のようなお言葉を頂きました。


お礼 

佐渡保養を行っている関と申します。
このたびはご寄付をいただきありがとうございました。
3月25日から4月4日まで、春の保養キャンプを実施いたします。
皆さまの善意は保養基金に入れさせていただき、春保養の経費にあてさせて頂きます。
ありがとうございました。

いま、福島県は復興に力を入れ、また、帰還事業が進められております。
新しい基準、20ミリシーベルトでも大丈夫とされ避難地域解除の動きが出ていますが、不安を感じる人は多いのです。  
そんな中、保養に出かけることは子どもの健康を守りたいと願う福島の親の切実な願いなのですが、最近は、
「福島は安全なのだから、保養も必要ない」という声も上がっていて難しくなっており、近所には黙って
保養に出かける人もいます。
復興ガンバローの声の中、保養に対する支援は減少しています。助成金も少なくなりました。
この「へっついの家」の春のキャンプも、市民の皆さまからの寄付を集め、
子どもの参加費を値上げして実施しているのが現状です。
どうかこれからも、福島の子どもたちの健康を守るための保養活動をご支援くださるようお願いする次第です。
「佐渡へっついの家保養基金」をこれからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました

関 久雄(へっついの家・福島在住NPOライフケア)  


皆様が、福島の子どもたちの佐渡での保養に心を寄せてくださり、応援してくださることに感動しています。
私たちの小さなプロジェクトを見つけて、支援してくださりありがとうございます。
みなさんの支援への思いを、佐渡で受けとめながら、福島の子どもたちにつなげていきたいと思います。
今後のご活躍をお祈りいたします。

私たちの活動のリアルタイムの紹介はこちらでみることができるようにしてあります。
https://www.facebook.com/sado.hettsuinoie/
今後とも、よろしくお願いします。

代表 三村 修


来年も同じ活動を継続していきます。
今度は有志として関わりたいという希望をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、ご連絡下さい。

ありがとうございました。

                                        2016年3月21日

                              東日本あとおしプロジェクト有志一同


がざびぃ 演劇ステップアップ・ワークショップ Vol.17 終了しました。

2016/03/20更新 [ワークショップのお知らせ]

ステップアップ・ワークショップ vol.17 は、無事終了いたしました。

キャラメルの劇団員が実際にやっているゲームや
エチュードを通して、4日間で芝居のワンシーンを作ります。
最終日にはプチ公演も行います。短い期間ではありますが、
一つのものを作り上げる楽しさを一緒に味わいましょう。

講師:石川寛美 プロフィール
演劇集団キャラメルボックス劇団員。
主な出演作品
「サンタクロースが歌ってくれた」「ケンジ先生」
「カレッジオブザウィンド」「嵐になるまで待って」
「広くてすてきな宇宙じゃないか」「賢治島探検記」
「ペリクリーズ」「飛ぶ教室」「太陽の棘」
劇団の俳優講座では講師を務める。声優としては81プロデュース所属。
TBSの音楽情報番組、カウントダウンTVアビー君ナレーション。
NHK Eテレ「いないいないばあ」クックー、モウフウの声他。
絵本演劇ユニット「BOO WHO WOOL」主催。

☆以下、ご参加いただいた皆様のアンケートです。

・ここへ来ると初心に戻れてさらに今まで気づけなかったことにきづけたので、嬉しかったです。
                                  20代・男性
・すごく充実していたと思います。皆が、日に日に変化していくのに驚き感動しました。

                                  50代・女性
・前回発表会だけ観に来て、どうしても参加したくなりました。
ステップアップというだけあって、いままでよりレベルの高い内容でついていくのが
大変でしたが、いつもと同じく石川先生がこちらのレベルに合わせて適切なアドバイスを
くださるので有難かったです。
                                  40代・男性
・事前に送られてきたテキストがとても難しいシーンだったので、大丈夫かなと少し不安にもなりましたが、
WSが始まってみると丁寧なダメ出しと「何でもやってみよう」という温かい雰囲気の中で、新しい挑戦を
することができたように思います。
自分がやるだけでなく、他の参加者、チームが少しずつ、でも着実に変化していく様子が見ていて本当に楽しかったです。
                                  30代・女性
・1年ぶりくらいに参加させて頂きましたが、今回も沢山学び沢山楽しませていただきました。
4日間、たっぷりやれるのはすごく良いと思いました。
                                  30代・女性
・今回は自分の中でいくつかの課題をもって参加しました。
その中でたくさんのヒントを持って帰ることが出来ました。
今回も楽しい4日間でした。
                                  40代・男性
・今回、かなりむずかしかったです。2つの気持ちの表現にとまどいました。
暗い内容だったんですが案外楽しかったです。
                                  30代・女性

皆さま、ご参加ありがとうございました♪

次回は8月、3dayワークショップを予定しております!
詳細が決定次第、アップいたします。

がざびぃ 演劇ステップアップ・ワークショップ Vol.16 終了しました

2015/08/11更新 [ワークショップのお知らせ]

「がざびぃ演劇ステップアップ・ワークショップ Vol.16」は、終了しました。
今回は1.5倍に増量した、初めての試みのステップアップワークショップでした。

〜以下、受講された皆様のアンケートです〜

・今回もすごく楽しかったです。個人的には、スピーチやディベートをやれたのが嬉しかったです。
今後も機会があれば、ワークショップに取り入れて頂きたいです。
ディベートで心が開けたというか、本当の自分が出せたのは、とても大きな財産です。
これを台詞に生かしていけるよう、今後も努力したいです。
                                   30代・女性
・久々に体を動かして、全身筋肉痛です。でも、体を動かせて楽しかったです。
演劇をすることも1年振りでしたが、自分の思うようにできず残念でしたが、やり終えた充実感があります。
                                   30代・男性
・ほぼ初めての参加でしたが、とても楽しむことができました。
台本に向かうだけでなく、スピーチ、ディベート等を通して、自分自身の得意なもの、苦手な部分も
わかることが出来て良かったです。
                                   30代・女性
・とても得がたい経験をさせて頂き勉強になりました。
どうしてもコンパクトから抜け出られなかったのが、少し開けた気がします。
                                   40代・女性
・発声の勉強をしたかったので声の出し方などむずかしいと思いました。
みなさんと1つの芝居をつくる楽しさがわかってよかったです。
                                   40代・男性
・今回はボクササイズ、エアロビ、リトミック、普段運動することがないので、こんなにも汗が出るんだって
ビックリなのにやせれず、これを機に少しでも体をうごかすことをしようと思います。
また芝居は2人ということで難しかったけど、とっても楽しかったです。
                                   40代・女性
・お芝居をするのがほぼ初めてだったので、最初はすごく不安でしたがアットホームな雰囲気と
細かい所まで演技を見てアドバイスをもらえたので、とても楽しく参加できました。
ディベートも沢山の人の意見を聞けて新鮮でした。
                                   20代・女性
・いつもより期間が長いはずなのに、あっという間の4日間でした。
初めてやる”ディベート”ドキドキでした。元々話すのが苦手だから、ハードルが高かったです。
”エアロビ”や”ボクササイズ”も初めての経験で新鮮でした。
今回、云われた事を次だったり、日常生活や他の習い事へ活かして行きたいと思います。
                                   30代・女性
・とても楽しかったです。自分の良い所、悪い所を見つめ直す良い時間になりました。
                                   30代・女性

皆様、ご参加ありがとうございました。

☆次回は、4月28日(木)〜5月1日(日)を予定しております。
詳細が決まり次第、アップします。

がざびぃ演劇ワークショップ☆3days vol.15 終了しました。

2015/05/17更新 [ワークショップのお知らせ]

がざびぃ演劇ワークショップ・3days vol.15 は、無事終了いたしました。
記録的な猛暑が続く中、熱い三日間となりました。

〜以下、参加された皆様のアンケートです〜

【ボイスワークショップ】

・発声の基礎的な考え方や、自分の特に直すべき点が見えて本当に有意義でした。
                                 30代・男性
・楽しかったです。声の方向性と、口をしっかり開くことを普段から意識してみたいと思いました。
                                 40代・女性
・お腹から声を出してすっきりした感じ。声を出すことだけでも、口の開け方、誰に向かって
声を出すのか、声のひびかせ方、ペタペタさせないなどいろいろなことがあっておもしろかったです。
                                 40代・女性
・ボイスワークショップは久々の参加でして、声を出すって気持ちいいし、相手に伝える事は難しいけど、
とっても楽しかったです。
                                 40代・女性
・楽しく発声、声の伝え方を学ばせて頂きました。相手に伝える事(コミュニケーション)
が日常生活の中でもとても大切な事だと改めて感じました。
                                 40代・女性
・音パスをはじめてやり、とてもおもしろかった。何より忘れないうちに、はやく自分で
ふくしゅうしたい。
                                 20代・男性
・「以前より声が出るようになった」と言われたのは、すごく嬉しかったです。「外郎売」は、
3回読んで3回とも違うダメ出しを頂けて有難かったです。
                                 20代・女性
【3daysワークショップ】

・初めて参加をして、途中は体力的にも、演じるということにも、必死でした。
最終日も必死でしたが、少しだけ楽しくて、また参加したいと思いました。
おへその下3cmを普段から意識したいです。全身で声を出せるようになりたいです。
                                 40代・女性
・楽しかったです。
新しい自分を発見できました!課題も見つかりチャレンジします!
                                 40代・女性
・一年ぶりにセリフを話したり、体を動かせて気持ち良かったです。
自分ではやったことがない、ギャグなどの面白ネタを入れるのに挑戦できてよかったです。
関係性をつくって、気持ちをぶつけて役作りをしていくには三日間は短いですが、もっと
他の役者の方と関わりをもって演じていければ楽しくなると思います。
                                 30代・男性
・身体の使い方、発生の仕方、いしきの分散、とても勉強になりました。
                                 30代・女性
・メンバーとか集まった人たちの人の良さ、優しさは伝わってきたけど自分には合わなかった。
でもかなり良い経験になった。先生の指摘が的確で勉強になった。
                                 20代・男性
・ピュアッピュアを意識して演じました。
自分とかけ離れてる役をするのは難しかったですが、得意かどうかはともかくすごく楽しかったです。
悩んでるときも楽しかったです。
先生の「ピュアな部分もあるんだろうな」というお言葉を糧にこれからも生きていきます(笑)
                                 20代・女性
・2度目の参加でしたが、とても楽しく自分のためになるアドバイスも頂く事が出来、もう1度自分を
振り返ることが出来る時間を有難うございました。
                                 30代・女性
・今回2回目の参加(ボイスワークショップを入れると3回目)ですが、前回より、少し演じることの
楽しさが身近に感じるようになりました。トレーニングのメニューも仕事でも活かしていきたいです。
                                 30代・女性

皆様、ご参加ありがとうございました♪

がざびぃ演劇ワークショップ Vol.14 終了しました。

2015/04/30更新 [ワークショップのお知らせ]

「がざびぃ演劇ワークショップ Vol.14」は、キャンセル待ちも出て、
大盛況の内に終了いたしました。

三日間という短い期間ですが、一つの舞台を作り上げるということに、
皆が集中しお互いを支え合い、温かい充実した時間となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャラメルの劇団員が実際にやっているゲームや
エチュードを通して、3日間で芝居のワンシーンを作ります。
最終日にはプチ公演も行います。短い期間ではありますが、
一つのものを作り上げる楽しさを一緒に味わいましょう。

ワークショップや演劇は初めてという方に向けて、
1dayボイスワークショップを開催します。
ボイス中心の講座となりますので、もちろん経験者の方の参加もOKです。

講師:石川寛美 プロフィール
演劇集団キャラメルボックス劇団員。
主な出演作品
「サンタクロースが歌ってくれた」「ケンジ先生」
「カレッジオブザウィンド」「嵐になるまで待って」
「広くてすてきな宇宙じゃないか」「賢治島探検記」
「ペリクリーズ」「飛ぶ教室」「太陽の棘」
劇団の俳優講座では講師を務める。声優としては81プロデュース所属。
TBSの音楽情報番組、カウントダウンTVアビー君ナレーション。
NHK Eテレ「いないいないばあ」クックー、モウフウの声他。
絵本演劇ユニット「BOO WHO WOOL」主催。

☆以下、参加された皆様のアンケートです。

・とても楽しかったです。演技には苦手意識があったのですが、
今回参加させて頂いて、少しうすれました。
また機会があったら、是非参加させて頂きたいです。
                       30代・女性
・あっというまの4日間でしたが、いろいろと勉強になりました。
頭でわかっていても、なかなか出来ませんが。いろいろな方がいて楽しかったです。
                       50代・女性
・初めての参加でしたが、とても楽しく参加させて頂きました。
とても自分のためになりました。また、このワークショップを受けたいです。
                       30代・女性
・前から興味があって、初めて相手役というものを得て、とてもうれしい
気持ちです。相手役の人に迷惑をかけるのでは、と思っていたのですが
いろいろ受け止めてもらえて、楽しむことができました。
                       40代・女性
・初めての参加でしたが十分に楽しむことができました。
60代からのチャレンジには少し無理があったかも・・・。
                       60代・男性
・3日間で終わってしまうのが本当に残念で仕方ないくらい、楽しく充実した時間でした。
年齢も経験もいろいろなメンバーが集まって1つのモノを作り上げていく・・・
普段の生活からちょっと離れた体験ができて、楽しかったです。
                       30代・女性
・WSというものを受けるのが初めてでしたが、全てにていねいな説明があり、
どういう意図でやっているのかということを学べて、分かりやすかったです。
何度も受けている人がたくさんいるようで、最初は輪に入れずおどおどしてしまい
まいたが、みなさんWSの中ではわけへだてなく、とても積極的に楽しんでいらして、
又、他の人の演技をとても楽しんで観ていらっしゃって、なんて温もりのある空間だろう!
とおどろきました。
                        20代・女性
・楽しかったです。身体をまっすぐにして、腰や胸を回すのが習い事でもやっているのと
重なる部分があって、コツを教えてもらえてありがたかったです。
動き方も全然わからないし、あたふたすることばかりでしたが、ちょっとずつ成長して
いけたらと思いました。
機会があったら、また参加させて頂きたいです。
                       30代・女性

★以下、ボイスワークショップに参加された方の感想です。

・気持ち良かったです。次は感情を込めてセリフを言えるようになります!
あっという間の素敵な時間でした。
                       20代・女性
・とてもよい勉強になりました。また機会がありましたら、参加したいです。
                       30代・女性
・時間がみじかいと思いました。
                       20代・男性
・楽しくワークショップを体験することができました!とても参考になりました。
                       20代・男性
・お芝居の経験が無くて、ドキドキしましたが、とても楽しくてためになりました。
教えていただいたことを意識して日常生活を送ってみたいです。
                       40代・女性

皆様、ご参加ありがとうございました♪

第12回杉並演劇祭終了しました。

2015/04/09更新 [そのほかのお知らせ]

2015年、第12回杉並演劇祭は終了いたしました。
大勢のご来場、ありがとうございました。

審査結果は以下の通りです。

− 第12回杉並演劇祭 −
【 大賞 】
団体名  アンティークス
公演日  3 月 6日〜 8日劇場-シアターシャイン-

【 優秀賞 】

1,団体名 劇団一生のお願い

公演日 3 月 1日

劇場  -ART THEATER かもめ座-

2,団体名 フライド BALL 企画

公演日 3 月 19日〜 22日
  劇場  -明石スタジオ-

【 特別賞 】

団体名  ぽこぽこクラブ

公演日  3 月 25日〜 29日

劇場-阿佐ヶ谷アルシェ-


以下、2015年の当劇場での上演演目です。

2月20日(金)〜22日(日)
「だいっきらい!」 / 『劇団シガツバカ』公演

2月27日(金)〜3月1日(日)
「シンデレラのようなもの」リメイク / 『喜劇団R・プロジェクト』公演

3月3日(火)〜8日(日)
「皿の上の林檎」 / 『演劇ユニット UMBRELLA』公演

3月12日(木)〜15日(日)
「真冬のお花見」 / 『お芝居やさん 鈴木KE企画』公演

3月19日(木)〜22日(日)
「ミルキーウェイ・ストレンジャー」 / 『ゆみねこ企画』公演

3月25日(水)、26日(木)
「けれどスクリーンいっぱいの星」 / 『劇団パレット・シアターズ』公演

今回も、それぞれに活気あふれる素晴らしい公演をして頂きました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


この杉並演劇祭は参加団体の皆様に、大きなメリットを3つご用意しております。

その1.提携劇場では、劇場費が割引になる。
参加頂く団体様へ感謝と期待を込めて、区内の提携劇場もエールを送らせて頂きます。
第12回演劇祭では、9劇場が提携劇場となります。割引率は其々の劇場で異なります。直接ご確認ください。

その2.必要な公演情報(タイムテーブル等)を掲載したパンフレットが無料で作成され、
1月中より、公共施設など多くの場所で配布される。

その3.最優秀作品に賞が授与される。
最優秀作品はもちろん、優秀作品も受賞の対象になる場合もあります。

賞やその他詳細は、演劇祭実行委員会へお問合せ下さい。

☆ 来年の杉並演劇祭の実行に関しましては、下記ホームページを
ご注目下さい。

運営時間についてのお知らせ

2015/03/1更新 [スペース使用について]

◇ 5月1日より、営業時間を下記の通り変更いたします。

9時〜22時  →  10時〜22時

※9時〜をご希望の場合、別途30分毎、5,000円かかります。
何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。